チラシ反響率1/50実現の3つのステップ

>> チラシ反響率1/50の秘密を無料公開!

登録すると「チラシ反響率1/50」を実現するために、もっとも重要なポイントが、無料で手に入ります。

あなたの苗字

メールアドレス

詳しくはこちらを >>

sannkaku.gif

>>最強営業メソッド完全版

あなたの自宅で、門外不出の「最強営業モデル完全マスタープログラム」のすべてを手に入れることができます。

詳しくはこちらを >>

sannkaku.gif

>> モエル塾とは

1日タバコ代足らずの費用で、明日の売り上げの心配から開放され「これさえやれば3ヶ月先まで売り上げが立つかも!」という感触を掴むことができます!

詳しくはこちらを >>

 

始めて雇った従業員が
お客様と喧嘩をしてしまう…


― 独立をして、即スタッフを雇い始めたんですか?
 

最初は一人でしたね。家族に全部頼んで。受付と助手みたいな形でやってもらって。母にも手伝ってもらってやっていました。1年くらい。
 
ちょうどその時に、妻が妊娠したので。中々(クリニックに)出て来れなくなったので。急遽、本当に誰でもいいからって形で雇ったんですよ。

 
― 初めて人を雇用するというの、どうだったんですか?

雇ったら雇ったで、実際に指示できないんですよね。上手く伝えられない。(雇用した)彼女もかなり気が強くて。患者さんと喧嘩を始めているんですよ。
 
「ええぇ!」と思って見ていると、歯磨きの指導をしているんだけど、患者さんは一向に聞いてくれない。
 
(歯を)磨いて欲しいからって感情が強く出てしまって、怒りに近い状態になっている。元々彼女が、気が強いっていうのと、口が達者だったので患者さんを言いくるめたい。っていう感情が出ていたんだと思うんですよ。
 
そういうのが多々あるので。注意しなきゃいけないんですけど、出来ない。

 

― それは、どうしてですか?
 

怖い。怖いのと、言えないみたいな。半年くらいして、このままでもやっぱりまずいな。でもやっぱり言えないな。話してみようかな。と思ってはいたんですけど。話すキッカケがなかったんです。

 

恋愛相談から話せるようにはなったけど
言いたいことは言えない


― 話が出来るキッカケは何だったんですか?
 

木戸と吉良の対談たまたま彼女が恋愛相談をしてきたんですよ。「上手く行ってない」とか「昔はこうで」みたいな愚痴。それをずっと聞いていて。そこからなんとなく雰囲気が変わってきて。
 
最初は30分だったんですけど。そのうち3時間くらい。毎日。夜11時くらいまでお互いずーっと喋っていたりとか。しょっちゅうやっていました。
 
その1年後くらいかな。助手さんを雇おう。と思って入れたんですが。今度は育てないといけないじゃないですか。
 
その立場を1番目の彼女が担わなきゃいけないんですけど。その彼女の悩みの質が、2番目の彼女を育てること。
 
彼女どんどん。新しく入ってきた子の「出来てないことだけ」を言うわけですよ。正しいことを述べてくので。(新しく)入ってきた子が萎縮してくわけですね。
 
かといって、それも指摘できず、僕自身もどうやって育てればいいか?その頃全然わかんなかったんで。(新しい子は)半年後には辞めていた。


― 辞めたことに対して、彼女は?
 

彼女自身は「新しく入ってきた彼女が悪い」自分じゃなくて、相手がやる気がないから。
正論なんだけど、「そうか、この性格に合うような子、強い子じゃないと駄目なのかな?」
とか思ったり。まだまだ言いたいことあったけど、言えない。
 
言っているのは正論なんだけど、言い方を変えるともっと響くのに、なんで変えないんだろう。というのが一番(ストレス)でしたね。

 

教えるんじゃない、育てればいいんだ!


― 人を雇うのは辞めようと思うことはありました?
 

木戸と吉良の対談2彼女の妹さんがたまたま同じ職業で。どうしても手があかないんで、と話したら。「来ます」と言ってくれて、妹さんが入ってきました。
 
その後にもう一人、歯科衛生士を雇ったんです。凄く笑顔がよくて可愛い、素直な子だったんですけど。やっぱり(元から居た)姉との相性が合わなくて。
 
姉の方が。強く言い過ぎてしまうんですよね。1年間頑張ってくれたんですけど。結局中々覚え切れなくて。そのために姉も、ストレスが凄くたまってしまって。
 
その間に入ってる妹の方も、「私は頑張ってやっているのに、なんであんた出来ないの?」と姉の方に加担してしまって。
 
その頃になると(自分は)そこそこ喋れたので「出来ればそこまで強く言わずに、時間かけてやった方がいいんじゃないの?」とは言うんですけど。
 
やっぱり先に口が出てしまい、(そんな)状況を1年間繰り返した後に、辞めてしまったんですよね。怒りもありつつ。かなり虚しさがあったんですよね、全体的な雰囲気で。
 
こんなに一生懸命育てたつもりなのに、育て切れなかった。なんでだろう?
 
(姉も)相手のせいにはしているけど。色々セミナーとか、一緒に出ていたので。そのときには、かなり知識もあったし。
 
実践をしていたつもりだったけど色々手を変え、品を変え、やっても育て切れない。出来ていると思っていた時だったと思うんです。
 
その1年後くらいに、今度は経験者で歯科衛生士もう一人、入ったんです、3人目が。
その時はみんなで育てるよ。という形でやったんですが、これが前の子に比べて非常にクセがある子で。最初の感触が一切、笑わない。
 
自分の事を話さない。嫌な顔をすぐ、感情をすぐ顔に出してしまう。その上、自覚がないので「私そんなこと思っていません」っていう風に言ってしまう。


― それでも辞めなかったんですよね?
 

姉の方が待てたんですよ。怒らないで待てた。例えば、ちょっと周りが見えなくて。掃除あそこの部分を先にすれば、凄く手順よくなるのを。教えれば普通は出来るじゃないですか?
 
(でも)教えても中々出来ない。段々、怒りに変わりますよね。なので、教えるんじゃなくて。そこは育てればいいんだよって話をして。
 
「じゃあここを早くするには、どうすればいいかなって聞き方してごらん。言い方を変えて」とアドバイスしますよね。


― 教えるんじゃなくて、育てる。いいですね!
 

そこの部分が一番変わったところで。育てると。待ってなきゃいけない部分が多いじゃないですか?言っちゃうと早いんですよ。
 
言っても気付きがなかったり、気がついてくれなければ、受け取ってもらってない。そうすると怒りしか残ってこなくなっちゃうんですよね。

 

自分の悩みを
従業員に話す勇気が全てを変える!


― 従業員との信頼関係を作るのに、普段していることは何ですか?
 

木戸と吉良の対談3場を作ろうとはしていますね。こっちが(話を)聞くような場。もしくはスタッフ同士で喋れるような場。
 
1日20分くらいずつ。週に1回、仕事を終わった後に個人面談。時間はフリーで。最短で10分、最高で3~4時間あったかな?
 
1回、全員解雇して新しい人雇おうかなと思った時期もあったんです。上手く行かなくて。やめたいな。それを正直にスタッフにそれを言っんです。
 
「どうしていいのか?わかんなくなっちゃった」って。それで、自分のやりたい事、病院の方針はこういうことですよ。どう思う?それに協力してくれるなら、居てくれ。でもその方針とちょっと違うのであれば、居ても苦痛なので。
 
自分のやりたい事をやった方がいいんじゃないのかな?と思うんだけどって言ったんです。


― 最初から「どうしたらいいかわかんなくなった」って本音を言えたんですか?
 
 

向こうが恋愛相談持ってきてるじゃないですか。かなり本音ですよね。だからこっちも本音言いやすかったんだと思います。(悩みを話すの)格好悪いですからね。
 
ただ真剣に聞いてくれます。(従業員は)格好悪いと思ってないですね。逆に信頼してくれたと、思っていると思いますよ。


― 社員との関係で上手く行かないと悩んでる方。社員との接し方。教えるんじゃなくて、育てる。時間をかけてもじっくりですよね。
 
吉良さん、今日は本当にお忙しい中、どうもありがとうございました。

ありがとうございました。

きら歯科クリニック 吉良信史さんのサイトはこちらをクリック

 

 

他の実践例を読む