ありがとうございます!
満席となりました!



社員数3人の工務店が2ヶ月間、売上げほぼゼロ。そんな会社が見事復活!
月商1000万円越えを続ける業績になった!! 
その斬新な方法…



大手企業の大掛かりなリストラの影響が、もう既に私の周りでも出始めています。

2009年、春以降は昨年よりさらに厳しい情勢になることは
もうだれもが予想していることです。

しかし、こんな大不況の中でも、圧倒的な力を発揮!
しかも、一時だけ効果を発揮する小手先のテクニックではなく、
売れ続けることができる!

その内容をあなただけに、ひとつ残らずお伝えします。

だれもが知ってはいるけど
意識をして使っている人は誰もいない、とてもシンプルなのに抜群の効果を発揮する
魔法の27文字の言葉を公開します!

見積書はもちろん、仕事の話すらしていないのに
「ぜひ、お願いします!」
とあなたにお客さんは頭を下げるというこの現実を
受け入れる覚悟はよろしいですか…



商品のメリットやサービスの充実性を訴える話は、一切なし。

さらには、マーティングノウハウを駆使したチラシも、心理操作を巧みに利用した営業トークもなし。

なのに、警戒して口を閉ざしていたお客さんが、魔法の27文字の言葉を使っただけで、蛇口を全開にしたかのように話を始め、「お願いします」と頭を下げる。

それまでは、どんな営業トークを駆使してもうまくいかなかったものが。



昨年、見事な業績を上げモエル塾メンバーのYさん。社員3人の小さいな工務店を経営するどこの地域にもある、小さな工務店です。

1ヶ月に撒くチラシは、ゼロ。インターネットでの広告もなし。つまり広告宣伝費はゼロ

にも関わらず、毎月、20件前後のペースでメールや電話から問い合わせが入り続けています。

そこから受注するのすべては、「お願いします」とお客さんが頭を下げての成約。もちろん、受注のすべては高利益です。値引きやクレームが皆無に等しいくらいありません。

いつも価格やサービスの比較対象となっていた大手企業のフランチャイズ店や地元工務店などのライバルが、まったく気にならなくなりました。



なぜ
今まで首を縦にふってくれなかった人が、「お願いします」と言ってくるようになったのでしょうか?

どうして言葉すら交わしてくれなかった人が、自ら商品のことを聞いてくるようになったのでしょうか?

なぜ「紹介して欲しい」とお願いは一切していないのに、「紹介したい人がいる」と言ってくれるようになったのでしょうか?


このようになった全てのノウハウ、実践例を今回の20人限定セミナーでお伝えすることにいたしました。

なぜ、20人だけなの?

それは、ノウハウを伝えるのではなく、結果を出すためのセミナーだからです!




こんにちは、モエル塾 塾長の木戸一敏です。


今回、私が初めてお伝えする「魔法の27文字の言葉」は、モエル塾メンバーのYさんとの出会いからでした。


もし、あなたが「仕事が取れない」「儲からない」「お客がいない」という三重苦をもっていたとしたら・・・

仮に仕事があったとしても、やるだけ損だという状態だとしたら・・・



これからお伝えするYさんの実践に、勇気を希望を持つことになるでしょう。

なぜなら「魔法の27文字の言葉」で生まれ変わった工務店を経営するYさんも、
つい1年前(2008年2月)まで同じ悩みをかかえていました。


かつてYさんの会社は・・・

●先々代代からずっと続いていた紹介客は年々減り続け、昨年1月ついにストップ。仕事の依頼はもちろん、問い合わせすら入らない状態が数ヶ月続く・・・

●Yさんのお父さん、おじさんとYさん3人の家族経営。その大の大人3人の売り上げは、ほぼゼロ

●もうチラシを配布するお金すらない状態に


「こんな状態を指をくわえて電話が鳴るのを待ってるわけにはいかない!」
そう思ったYさんは、職人以外まったく未経験の飛び込みを始めることに。

「どんな仕事でも、何でもやります。とにかく何か仕事をください」

何としてでも注文を取らないことには、会社を維持させることはもちろん、奥さんも2人のお子さんも食わせて行くことはできません。

必死になって飛び込みやり始めて3週間目、やっと1件リフォームの注文が取れました。

「これで何とか1ヶ月は生活していける」

しかし、工事はなかなか終了しません。きれいに完成している箇所が気に入らないとクレーム。

代金を回収するためにも、一歩譲りお客さんの言うとおりに工事を終了させると、今度はまた違う箇所にクレームを付けてくる。

2週間で終わるはずの工事が倍以上の5週間を要し、やっと集金することができました。

ところが、そこから材料代や職人への支払を計算すると、利益はほとんどない・・・

いや、それどころか、赤字です。クレーム処理にかかった費用が思った以上に膨らんでいたんです。

「いったいオレは何のために仕事をしたんだ・・・」

家族のために、会社のためにプライドを捨てて飛び込みを始めて、やっとの思いで取れた契約が、さらに生活を苦しくさせるとは、だれが想像したでしょうか。



赤字はどんどん膨らむだけ・・・
転機は訪れるのか?

このままで自己流で飛び込みをしても、所詮素人。
結果を出す前に飢え死にしてしまいます。

そこでYさんは、モエル塾の存在を知り入会。
そこで始めたのは、飛び込みではなく『あなたレター』です。

何度も失敗を繰り返しながら、やっと1件の問い合わせがありました。

「今度こそは・・・」

期待に胸を膨らませながら見積りに向います。

しかしその期待は、失望に・・・。

「リフォーム会社はお宅だけじゃないんだからね」

こんな態度の客です。

「こんな人の仕事はやりたくない・・・」

しかしそうは言っても、明日生活をするためは仕事をしなことには始まりません。
喉が手が出るほど仕事は欲しいんです。

ただもう、前回のような、赤字とストレスだけの仕事はこりごり。
もう二度と経験したくありません。

「でも・・・」

想いが交差します。

そのときです。

“ある言葉”が、Yさんの口から無意識に出てきました。

「僕は、お客さんに喜んでもらえる仕事がしたいんです。そのためには○○○○○○○○○○○○○○です」

モエル塾勉強会で聞いた“ある言葉”が、Yさんの脳裏に焼きついていたんです。

驚くことにこの言葉を聞いた瞬間です。


今まで上から目線のお客さんが、急変!?


「・・・なんとか工事やってもらえないですかね」

お客さんの口から信じられない言葉が出てきました。

「えぇー!?一体どうなっちゃったの?上から目線で話していた人が、下から目線に???人って、言葉一つでこんなに変っちゃうものなの???」

「これは面白い!」

ここからです。Yさんの仕事は大きく変ったのは。

どのように変わったか具体的にいうと…



値引き交渉とは、ほぼ無縁の仕事を実現!

仮に値引きの話しがあったとしても、次のような感じで簡単にクリア!

「お送りいただいた見積もりが値引きを想定しているものかどうか分かりませんが、1割程度は勉強していただけるのでしょうか。部材を定価で購入するのであれば、なんとか成る範囲だと思いますが、いかがでしょうか」

こんな値引き要求のメールに対し、ある言葉で対応すると・・・

「お気持ちがわかりました。これまでお手数をお掛けしていますので、他では考えていません。この前にお話しした通りです。早速、作業を進めてください。費用の振り込み先と振り込み時期、並びに作業予定をご連絡ください」

・・・と、商談成立!メールだけのやり取りで。

その他にも・・・

『あなたレター』からの問い合わせは、ほぼ100%成約

広告宣伝費はゼロ。かかる経費は400通分の「あなたレター」のみ!

毎月20件前後のペースでメール電話から問合わせが入り続けるように!

苦手だった大手フランチャイズ店の競合は、まったく気にならない!

値引き客を断っても業績に影響なし、ストレスなしで仕事ができるように!

結果、2008年度の売り上げは、前年度の2倍に飛躍!


この大不況の中、2ヶ月先まで行列ができています!!


この事実はすべて営業経験ゼロのYさんが成し遂げたものです。しかも職人をやりながらの数字です。


正直、私、木戸は悩んでいました…


このYさんの素晴らしい報告を聞いて、あることをひらめきました。

それは私がずっと持ち続けていた悩みです。

「これで一気に解決される!」

その悩みとは、『あなたレター』についてのことです。

『あなたレター』というツールを確立してから
成功報告の数は一気に10倍以上になりました。

自分でも驚くくらい「絶対ダメだと思ってた人と契約になりました!」「1週間で保険の契約が23件取れました!」「1年で売り上げが倍増しました!」という報告が後を絶えないんです。

最高に嬉しいことは、「自信が持てるようになりました!」「仕事という小さい枠の話ではなく人生の大切なことを実感しました!」と言う声です。

ここは私が一番伝えたかったことでしたから。


その一方で、「木戸さんの本に書いてあるとおりに『あなたレター』を作っても反応がありません」という報告もあります。

それに対しアドバイスしていたことは――

「売り込みが行間から伝わっているので、商品ではなく出会いの話にしましょう」
「腰が引けたニュアンスが伝わってくるので、ネタを違うものにしましょう」
「モノの話しが中心になっているので、どんな気持ちになったかを書きましょう」


こういったアドバイスをするたび、「行間」とか「ニュアンス」といった抽象的な表現でなく、「○○○をすると反応ができますよ」と一言でいえるものがないかを探し続けていたんです。

この答えが見つかりました!

Yさんからの報告が、大きなヒントとなり今回のセミナーでお伝えする「魔法の27文字の言葉」が生まれたんです!


あなたが「魔法の27文字の言葉」を
使うことで得られるメリットは!




●「魔法の27文字の言葉」を言った瞬間、お客さんの反応が変るという体験で自分に自信が持てるようになる!
矢印
「魔法の27文字の言葉」を言えば言うほど、興味を引き付けるネタが収集できる


売り上げに直結する『あなたレター』、面白いだけの『あなたレター』の違いが、くっきり色鮮やかに理解できるようになる!
矢印
『あなたレター』で何を伝えれば、売り上げに直結するかがわかる


●商品に関係なく、「この人だったら任せられる」と思われるフックキーワードのすべてが理解できるようになる!
矢印
あなたレター、ホームページ、チラシ全てのツールに効果を発揮、集客に困らなくなる


●見積書はもちろん、仕事の話すらしていないのに「お願いします」とお客さんが頭を下げてくるようになる!
矢印
対等の関係づくりができるのでクレーム客を排除。気持ちいい仕事ができる


●なぜか紹介をもらえる人、いい仕事をしても紹介がもらえない人の違いが、どこにあるかわかるようになる!
矢印
もう二度と営業マニュアルを買う必要がなくなる




即効性のあるノウハウほど、それが広がってったとたん、一気に使いものにならなくなってしまうものです。

ところが「魔法の27文字の言葉」は、どんなに広がっても効力を失うことのない、まさに魔法の言葉なんです。

その理由は、メリットが売り手側だけでないからです。売り手も買い手も双方が嬉しくなる最高の言葉、それが「魔法の27文字の言葉」。

私は本気でこの言葉を日本中に広げることは、今の大不況も吹っ飛んでしまうくらい強力な言葉だと思っています。


ではなぜセミナーでなく、メルマガで公開しないの?

それは、「魔法の27文字の言葉」を誤った使い方をして欲しくないことともうひとつ

中途半端に理解をして「やってみてもダメだった」とならないよう自分に落とし込んで欲しいからです。

「魔法の27文字の言葉」をあなたに伝えるだけであれば、10分もあれば充分です。

それを4時間もかけてお伝えする理由が、ここにあるんです。



すでに「魔法の27文字の言葉」を使った
生の声を聞きたくないですか?



今回の業績アップセミナーに参加いただいたあなたには、
「魔法の27文字の言葉」を手足を動かすのと同じように自由自在に使えるよう

・既存客へのアプローチ
・問い合わせ客へのアプローチ


を、どんなタイミングで切り出せばいいのか
「魔法の27文字の言葉」を言った後、何を言えばいいのかを
実際に結果を打ち出した具体例を、出し惜しみなくすべてを公開します!


さらに!

売り上げゼロが続くひん死状態から、見事、月商1000万円に達成させたYさんが
特別ゲストとして出演していただけることになりました!


「昔の僕のように困っている方にお役に立てるんでしたら、
 協力させていただきす!」


この大不況の中、2ヶ月先まで行列で超多忙なYさんが、仕事を空けてまで、ゲスト参加に心から感謝です!


さらにもう一人!!

歯科医師のKさんも「魔法の27文字の言葉」を実践。

通常の歯の治療は、どこの歯医者さんでもやっていることです。ところが、予防対策を行っているところは皆無近いくらいありません。

歯の予防に関する世間の認知度がないのに加え、「予防」というもの欲求を持つ人はいません。

これは歯医者さんに限ったことでなく、あらゆる業界で、「予防商品」を普及させるのは難しいのが事実です。

実際に歯科医師のKさんの医院でも、予防対策を1度は試す人がいても、リピートに苦戦していました。

そんな状況を脱出する原動力となったのが、「魔法の27文字の言葉」でした。

歯科医師のKさんの感想です!

「あまり興味がないそぶりで、こちらの話も上の空で聞いているような感じの患者さんが、この言葉を言ったとたん、身を乗り出すようなそぶりになり、真剣に話を聞くように変わり、スタッフを見る目が変わりました」


「魔法の27文字の言葉」を使い始めて変ったのは、患者さんだけではありません。

この言葉を使うようになったスタッフもです!

「最初はなかなか言うこともできなかったのですが、言おうとすることが意識付けられてくることで、”人”に焦点をあてられるようになってきました。
意識してその人を見るようになって、自分の仕事に対する意識が変わってきました。
今までは、なるべく自分自身を出さないようにして、作業をこなしてきたが、自分を出すことで、患者さんの反応がまったく違うと言うことに気が付きました」



本当は誰にも話したくないようなノウハウを、快く公開いだけるKさんに感謝です!

工務店のYさん、歯科医師のKさんのお2人の実体験を聞くことで、あなたは「魔法の27文字の言葉」を自由自在に使えるようになるでしょう!



セミナー参加費は、どのくらいかかるの?


売り手も買い手も双方が嬉しくなる最高の言葉、「魔法の27文字の言葉」。

先ほどもお伝えしたとおり、私は本気でこの言葉を日本中に広げたいと思っています。

そのためには低価格がいいのか?

この価格を決めるのは、一番難しいところです。

過去に私がたくさんのセミナーを開催した中で、興味深い体験をしたことがあります。

伝えている内容はまったく同じであるにも関わらず、実践者の数の差は8倍

この数字の違いは、いったいどこにあるのか?

その答えは、価格にありました。

私が主催したセミナーの参加費は5万円。

ある主催者からの依頼で開催したセミナーは、8千円。

違いは価格だけでなく、参加者の前のめりになる姿勢も違いました。

私自身もそうですけど、価格が高いと「元を取るぞ!」と講師の一言一言を真剣に聴こうとします。

私としては、「いい話を聴いた」ではなく、「実践してみました!」と言っていただけるセミナーにするのが目的です。

そこで今回の「業績アップ営業セミナー」は、駆け引きなしの
31,500円とさせていただきます。

※モエル塾メンバーは5,250円で参加できます



実は「魔法の27文字の言葉」を使っても
効果のない人もいます


最後に、ひとつだけ重要なお話します。


即効性のあるノウハウほど、それが広がってったとたん、一気に使いものにならなくなってしまう・・・

それなのになぜ、「魔法の27文字の言葉」は、多くの人が使っても即効性を失うことなく、売れ続けるものなのか?

その理由は、

売り上げを上げるという現実
理想(使命・理念)のバランスが取れているところにあります。

ということは、「契約さえなればいい」という人は、「魔法の27文字の言葉」を使っても効果はまったくありません

そうではなく
「お客さんの喜ぶ顔が見たい!」

こんな思いを持っている人だけに、今回のセミナーは抜群の効果を発揮します。


・ 「魔法の27文字の言葉」を使って、お客さんの反応が変る姿を見たい人

・売り上げだけの喜びでなく、人と深く繋がる喜びを味わいたい人

・相見積もり、値引き交渉から無縁の仕事をした人

・売り上げに直結するレター、面白いだけのレターの違いを知りたい人

・「この人だったら任せられる」と思われるフックキーワードを知りたい人

・見積書をみせていないのに「お願いします」と頭を下げてく体験をした人



このような希望をお持ちの方は
今すぐ、下記、申し込みフォーム入力「申し込む」をクリックしてください!

あなたと会場でお会いできることを楽しみにお待ちしてます。

ありがとうございます!!


モエル塾 塾長



ありがとうございます!
満席となりました!
キャンセル待ちとなります
『業績アップ営業セミナー』のキャンセル待ち申し込む!
氏名(姓:山田)
氏名(名:太郎)

メルマガ読者 モエル塾メンバー
会 社 名
役職
郵便番号
住 所
電話番号
FAX 番号
Eメール
参加表明をお聞かせください!
ご質問などありましたら、ご記入下さい!
木戸一敏ってだれ? | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー
Copyright (C) Moel Inc. All Rights Reserved.
モエル株式会社 〒344-0041埼玉県春日部市増富694-12  TEL048-760-2727 / FAX048-760-2781